【イベント館】第一回展 明治・大正の広告〜引札の魅力〜

  〈解説〉 引札から絵柄の時代性と地域商工業の消長を読む

 引札(ひきふだ)とは、事業所や商店が、開業や商品の売り出しや新年の挨拶に配ったチラシのことです。引札の始まりは江戸時代中頃といわれますが、その頃の呼び名は、江戸では引札、京阪ではチラシと呼びました。                                                                                         引札は江戸時代は木版印刷(もくはん)、明治になると活版印刷(かっぱん)の導入と同じ頃西欧から移入された銅版(どうばん)印刷、石版(せきばん)印刷を使った色鮮やかな広告チラシとして、商工業の発達にともなって東京大阪神戸などの大都市だけでなく地方でも盛んに発行されました。その絵柄(えがら)は七福神やそのなかでも特に恵比寿(えびす)さんと大黒(だいこく)さん、鶴と亀、松竹梅、富士に鷹などの目出たい絵柄、縁起の良い絵柄が多いのですが、文明開化を謳歌する時代風潮を表す、開化文物の代表である汽車が蒸気船のほか、その年の暦を刷り込んだものもあります。                       引札はすでにデザインしてある絵柄の空白部分に、後から店名や商品名を入れるという方法で作られたので、この時代、僻地であった淡路島の商店主でも盛んに引札をつくりました。当時は、広告の新聞折り込みもない時代です。引札を配る方も大変だったでしょうが、これを貰った家々もカラフルな引札を室内の装飾品として利用したであろうと思います。     引札に登場する商店のなかには現在でも営業している店の名もあります。またすでに無くなっている店でも地元の皆さんには旧知の店も多いのではないでしょうか。一枚々々の作品から、絵柄の時代性とともに、人と店と地域の消長に思いを馳せていただければ幸いです。    筆者が見聞した淡路島内で配られた引札の数は約二百点ばかり、そのなから、明治から大正にかけての作品のうち先ず二十数点を、さらに3月には追加展示をおこなう予定です。

 

 

(引札研究の書籍二種)